新日本カレンダー株式会社 > 会社情報 >

会社沿革

会社情報

会社沿革

新日本カレンダー株式会社のこれまでの歩みをご紹介いたします。

1922年(大正11年) イメージ 宮崎繁(※)、大阪市においてカレンダー、団扇の製造を目的とし個人創業。
1939年(昭和14年) 会社設立。
1947年(昭和22年) 新日本カレンダー株式会社に社名変更。
1951年(昭和26年) 福岡市に九州支社開設。
1953年(昭和28年) 香川県に丸亀工場開設。団扇の拠点を強化。
1954年(昭和29年) 名古屋市に名古屋支社開設。
1963年(昭和38年) 資本金1億円となる。
1964年(昭和38年) 東大阪市に東大阪工場竣工。
1968年(昭和43年) イメージ 現在地に本社ビル竣工。
1971年(昭和46年) イメージ 宮崎靖介(※)専務取締役が代表取締役社長に就任。
1975年(昭和50年) 九州支社ビル竣工。資本金1億5000万円となる。
1980年(昭和55年) イメージ ドイツ、ツェトラー社と技術提携。
1981年(昭和56年) ツェトラー社との共同開発による全自動日表製造機MARK-6を第1号機として関連機械と共に導入。
1984年(昭和59年) ドイツ、プリントコレクト社と提携。
1987年(昭和62年) カプリ・マークII450型機(写真月表自動名入れ機)を開発導入。
1989年(平成元年) イメージ 丸亀工場に物流倉庫並びに配送センターを設置。
会社設立50周年を記念して高野山に会社並びに関係企業の先人物故者の慰霊碑を建立し、開眼法要を営む。
1991年(平成3年) 鹿児島物流倉庫並びに配送センターを設置。
1993年(平成5年) 東京支店開設。
1994年(平成6年) イメージ 兵庫県三田市テクノパークに三田工場
(敷地5871坪、建坪5462坪)を竣工。
日本初の本格的なペット用品専門通信販売事業部
「ペピイ通信販売事業部」を開設。
1996年(平成8年) イメージ 動物看護師育成のための学校「大阪ペピイ動物看護学院」を開校。
1998年(平成10年) 宮崎靖介(※)代表取締役社長、黄綬褒章を受賞。
2000年(平成12年) 専修学校として「学校法人 宮崎学園(※) 大阪ペピイ動物看護専門学校」を開校。
2001年(平成13年) イメージ 宮崎靖介(※)代表取締役社長が代表取締役会長に、
宮崎安弘(※)取締役副社長が代表取締役社長に就任。
中国福建省に現地法人「福州信日華印刷有限公司」を設立。
2003年(平成15年) 福州信日華印刷有限公司、本格的に日表生産稼動。
2005年(平成17年) 動物の高度二次診療病院「ネオベッツVRセンター」を専門学校1階に招致。
2006年(平成18年) 東京支店を千代田区神田神保町に移転。
2007年(平成19年) 株式会社ペピイを設立。
動物病院向け通販「ベッツワン」を開始。
三田工場が環境省ガイドライン「エコアクション21」を認証取得。
2009年(平成21年) イメージ 栃木県真岡市に北関東カレンダー物流センターを開設。
2012年(平成24年) 九州支社を九州支店に、名古屋支社を名古屋支店に組織変更。
環境省ガイドライン「エコアクション21」を全社認証取得。
日めくりカレンダーが「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞。
「月齢日めくり」が「第64回全国カレンダー展」で「文部科学大臣賞」「金賞」を受賞。
2013年(平成25年) kleidシリーズ「2face memo&pen」が「日本文具大賞・デザイン部門優秀賞」を受賞。
産官学連携による「玉造地区商店街活性化プロジェクト」が発足。
「玉造地区商店街クーポンつき日めくりカレンダー」が「第65回全国カレンダー展」で「審査員特別賞」を受賞。
2014年(平成26年) プライバシーマークを取得。
名古屋支店を名古屋市中区に移転。
「玉造地区商店街クーポンつき日めくりカレンダー」が「第66回全国カレンダー展」で「全国中小企業団体中央会会長賞」「銀賞」を受賞。
2015年(平成27年) 「おおさかストップ温暖化賞(節電賞)」を受賞。
動物の夜間救急病院「大阪どうぶつ夜間急病センター」を本社1階に招致。
「玉造地区商店街クーポンつき日めくりカレンダー」が「第67回全国カレンダー展」で「全国中小企業団体中央会会長賞」「銀賞」を受賞。
2016年(平成28年) 季節の文具・雑貨シリーズ「暦生活」を発表。

(※「宮崎」の「崎」の字は、正しくは「山」へんに「竒」です。環境依存文字のため、「崎」で代用しています)

社長メッセージ
会社概要
経営理念
テクノロジー
会社沿革
関連会社
  • お問い合わせ

当社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会より「プライバシーマーク」を付与された認定事業者です。