新日本カレンダー株式会社 > 会社情報 >

テクノロジー

会社情報

テクノロジー

国内トップのカレンダー生産量を誇る新日本カレンダーのテクノロジーをご紹介いたします。

イメージ

三田工場は以下のような設備・システムを駆使した国内トップのカレンダー生産量を誇る工場です。

品質についても乱丁・落丁検知器等によるシステムでの品質保持はもちろんの事、品質管理マニュアルに基づいたラインで秋季は24時間体制でお客様に安心されるカレンダーを短納期でお届けできるようカレンダー製作を行っています。

全自動月表生産システム

文字月表全自動製造機(本体・追刷共4色)
イメージ

当社協力会社で2台が稼動しています。ロール紙から本体印刷~名入印刷~帳合~製本と全自動高速一貫ラインでの文字月表※の製造を行います。製本も金具製本・紙製本(エコプレス)兼用ラインで需要が増えている紙製本対応機です。我社の文字月表製造の主力機械で早期納品・コストダウンに貢献しています。

※文字月表:数字(日付)だけでデザインされた月めくりカレンダー

印刷から加工・社名刷り込みまで一貫生産

オフセット印刷機(菊全・4色)
イメージ

2002年から導入し三田工場内で月表の印刷~製本~名入~出荷とカレンダーの生産・出荷の全工程を行う事が可能になりました。全工程の内製化で更なる高品質・短納期を目指します。

製本関連設備

多くの金具製本機・紙製本機(エコプレス)・断裁機が三田工場で稼動しています。紙製本化・コンパクト化といったお客様のカレンダーニーズに沿えるよう最新鋭の機械への更新を毎年行い、また、社外協力会社と合わせ繁忙期の生産力向上を図っています。

  • イメージ▲製本機
  • イメージ▲紙製本機(エコプレス)
  • イメージ▲断裁機

スポンサー名入印刷のきめ細かな対応力

小口名入関連設備

年々増加・短納期化する小口名入に対応する為、多くの関連設備を充実させています。
三田工場内だけでも数十台のチャリンコ※・カプリ※・箔押機・パッド印刷機が24時間体制で稼動し協力会社も含め大量の小口名入が可能です。又、製版設備も工場内に有りお客様の原稿が届き次第、印刷を行える体制が整っています。
※チャリンコ:小口名入印刷機、カプリ:半自動小口名入印刷機

  • イメージ▲チャリンコ
  • イメージ▲カプリ
  • イメージ▲箔押機

日本の日めくりカレンダーの過半数を一貫製造

全自動日めくりカレンダー製造機(本体3色・追刷4色)
  • イメージ▲全自動日めくりカレンダー製造機
  • イメージ▲製版機

中国・福建省の当社関連会社で稼動しています。373枚/冊の日めくりカレンダーをロール紙から本体印刷~名入印刷~帳合~製本まで全自動で作り上げます。業界でも全自動で日めくりカレンダーを一貫生産出来るのは当機械だけです。
名入に関しても日本からのデータ受信翌日には版作成が可能な製版システムが整備されていますので、海外生産でも納期の心配はありません。

日めくりカレンダー関連設備
  • イメージ▲日めくり本体印刷機
  • イメージ▲手帳合工程

全自動日めくりカレンダー製造機で製作出来ないサイズや日がわりの日めくりカレンダーを手帳合で製作出来る設備も三田工場で充実させています。日めくり本体印刷機、手帳合工程、製本設備が有り373ページを職人技で揃えていく手帳合の工程ではベテラン社員が活躍しています。

生産ラインと直結した高能力の物流システム

物流関連設備

約6000坪の倉庫と物流諸設備を完備し国内・海外で生産したカレンダーやペピイ商品を一括して三田工場からお客様へお届けさせて頂きます。生産工場と直結している利便性を活かし短納期で様々な出荷ニーズに対応出来るデリバリーセンターです。

  • イメージ▲カレンダー物流倉庫
  • イメージ▲ペピイ出荷センター
  • イメージ▲プラットホーム
社長メッセージ
会社概要
経営理念
テクノロジー
会社沿革
関連会社
  • お問い合わせ

当社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会より「プライバシーマーク」を付与された認定事業者です。